会長あいさつ


「令和」の時代を迎えて

 過日、元号が令和に変わって初めての定時総会を開催いたしました。これまで長いあいだ馴れ親しんだ中日パレスがなくなり、新しい会場として名古屋ガーデンパレスで開催する初めての総会でもありました。当振興会にとって、新鮮な気持ちで、新しい時代を感じさせる総会であったという気がいたします。

 さて、わが国の経済は長期的な回復基調が続いている中で、一方で報道などによりますと、米中貿易摩擦などを背景にいささか陰りが見えてきたとも言われております。

 また、中長期的には大きな環境変化と課題があります。AI、ビッグデータ、IoT等を活用し、新たな付加価値や製品・サービスを創出することで国際競争を勝ち抜いていくとともに、人材育成や自動化による労働生産性の向上を進めてていく必要があります。同時に、中小企業事業者にとっては、経営者の高齢化、人手不足といった構造変化への対応も大きな課題となっています。

 こうした中にあって、当振興会は名古屋市の支援のもと、異業種の会員同士の情報交換をより密にするとともに、引き続き企業にとって有効な施策・情報をタイムリーに提供して参りたいと思います。

 節目の年である「令和元年」が、会員企業の皆様にとって大きな飛躍の年になりますよう、当振興会の活動が少しでもお役に立てば幸いです。

令和元年5月吉日

名古屋中小企業振興会 会長 前川功冶 

(豊中工業株式会社 代表取締役社長)